ぺてるぶろぐ

タグ:旅行

blog-fiestaにて、サンクトペテルブルグの10㎞散策コースが写真と一緒に公開されています。コースに沿って私もフォルダ内にある写真をアップしていきます。

1)血の上の救世主教会
spasnakrovi

































2)
ロシア美術館
russianmusiem


















目の前にあるプーシキン像
画像1

































3)マルソヴォ・ポーレ
ローマのカンプス・マルティウスやパリのシャン・ド・マルス公園にならった軍事広場の跡地となっている公園。中心には「永遠の火(Вечный Огонь)」が灯されており、文字通り年中昼夜を問わず燃え続けています。
画像12

































この火を囲うように石碑が置かれています。見渡せば血の上の救世主教会も。
画像8


















夜には正面にあるトロイツキー・モスト(跳ね橋)が上がります。白夜真っ盛りの6月下旬、深夜1時半頃の写真です。
画像3


















4)ミハイロフスキー城 
エカテリーナ2世の後継ぎパーヴェル1世が建てたお城。お城とはいっても、非常に控えめな大きさで周りの陰謀から身を隠す事が目的だったようです。つい最近も他の建物へ続く秘密の通路が発見されました。
画像10


















5)夏の庭園
18世紀からあるペテルブルグの庭園。無料で入場が出来、緑の景色に囲まれながらゆっくりと時間を過ごせます。中の池では白鳥も一休みしていました。
画像13

































画像14画像1



































































6)アヴローラ

7)ピョートル大帝の家

8)ペトロパブロフスク要塞
petropavrofsk

































9)歴史軍事博物館
10)ヴァシリエフスキー島の岬
11)エルミタージュ美術館
ermitads


















12)宮殿広場
dvortsovii


















13)旧海軍省
14)青銅の騎士
vsadnik


















15)イサク寺院
isaak2


















16)カザン聖堂
画像11


















17)銀行橋
名称は橋の目の前にある建物がかつて銀行であった事が由来ですが、現在その建物は経済学中心の私立大学となっています。日本の大学とも提携があるそうですよ。
vankofskii

































コースはこの通り。
karta-marshrut-spb































おそらく先日ペテルブルグで行われたマラソンの10㎞コースに倣った順路でしょう。夏は日が長いので、思いきって徒歩散策もできそうですね。
ところどころ簡単な説明を挿入しましたが、ウィキペディアのリンク(英語、日本語)も貼っていますので良かったら参考にしてください。
私もまだまだこのペテルブルグで行った事がない場所の方が多いので、この季節に色んなところへ足を延ばしていようと思います。


*

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ロシア情報

タイトルの通り、ロシアの街中で設置されているWifiスポットを地図または地名から検索できるサイトのご紹介です。
地図検索と地名検索ができるようになっています。英語版は現在準備中のようですが、簡単な説明と一緒にリンクを貼っておきますので旅行、出張、留学等の機会にどうぞ。

Wifi トーチキ@モスクワ

Wifi トーチキ@サンクトペテルブルグ 

Wifi トーチキ@ロシア全域検索


▼リンクを開いた直後の検索バーと地図。各地域にあるWifi数が表示されます。
wifi-tochki1
















▼地域を選んで拡大していくと電波マークがあるのでそれをクリックすると住所、施設名称、サービス内容(有料or無料)が確認できます。※Бесплатный=無料
wifi-tochki3
















▼鍵マークがかかっている電波マークは有料の目印のようです。※Платный=有料
wifi-tochki4
















▼地図の下には表示されている範囲内でのWifiスポットがまとめられている。ここでも情報がひと通り確認できます。
wifi-tochki2




















Wifiを無料提供している場所でも、しばしばパスワード入力が必要な場合があります。その時は「Какой пароль(カコイ・パローリ?)」と聞けばスタッフが教えてくれます。


このサイトの統計によると、モスクワでは1413箇所、サンクトペテルブルグでは982箇所のWifiスポットがあり、うち8割以上が無料で提供されているそうです。日本と比べるとロシアの方がWifi事情は充実していますね。

ロシアのトイレ事情もインターネット環境ぐらいだったらなぁ、なんて思うのは贅沢な話でしょうか・・。


*

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ロシア情報 

日本・ロシア間における短期滞在査証制度廃止の可能性

 日本総理大臣安部晋三が訪露した際、国際協力に関する様々な分野の問題が協議され、市民が最も関心を寄せている短期滞在ビザを廃止する見込みが挙げられました。この事については、話し合いの結果発表された両首脳による共同声明で語られています。
 ロシア大統領ブラジーミル・プーチンは安部総理に対し、短期滞在査証手続きの相互廃止案に関する省庁間の協議を持ちかけました。 この決定によって、事業取引が活発になり、観光客の流動や人の往来も拡大するだろうと伝えています。
 安部総理は興味深くこの提案を聞き入れ、今後も両国がこの問題に振り返ると予想しています。
 専門家は、この質問をいち早く解決するためには、まず平和条約の締結といった国際関係の総意が必要だと語っています。 ブラジーミル・プーチンは共同記者会見において、外務省では今残っている問題を両国が受け容れられる解決策を生み出すよう積極的な交渉に出ていると発表しました。
 日露間ではいまだ平和条約が締結されていません。 両首脳は、できるだけ早く北朝鮮問題を解決し、6ヶ国協議のための努力を再開する事が必要不可欠であることを指摘しました。
 日本は北方領土4島を主張する一方で、ロシアは第二次世界大戦の結果南クリルはソ連の領土となったため、この領土を管轄するロシア主権は国際法手続きに則しており疑う余地はないという立場をとっています。


*

企業だけではなく個人単位における日露間交流に関わる大きな変化ですね。
実際、90日未満の観光でもビザ申請が必要となると手続き上旅行も諦めてしまうケースは少なくないと思います。

これ以外にも最近両首脳によって発表された共同宣言では、経済協力や安全保障など日露関係の改善が期待できる内容が言及されています。
しかし前提にやはり未解決の領土問題が浮かび上がってきます。

領土問題の解決策には様々な憶測が飛び交っていますが、双方が綺麗に納得できるような答えは出ない事は必然的です。
教育を受けたまま盲目的に主張するだけではなく、こうした機会に両者の立場を裏付ける根拠を見つめなおしてみるのも大事だと思います。

いずれにせよ、こうした議論が活発になる事は日本から見ると「近くて遠い国」というイメージが大きいロシアの印象が変わる契機になりそうです。

このページのトップヘ