東京のワガノワ・バレエスクールから、岩井久美子さんのマリインスキーバレエ団入団が決定しました。1783年より長い歴史を歩んできたこの劇場で、正式な団員として日本人バレリーナが採用されるのは初めてとの事です。

今回入団した石井久美子さんの憧れのプリマは、このマリインスキー劇場で活躍しているウリヤナ・ロパトキンだそうです。私も滞在中に彼女の舞台を生で観たいとマリインスキー劇場へ足を運びました。演目、役柄は異なりながらも、やはり他のダンサーとは群を抜いて魅せられる演技でした。ウリヤナさんが白鳥、黒鳥を演じた舞台は公式のDVDとしても発売されています。
 

話が少し逸れましたが、マリインスキー劇場といえばチャイコフスキーの3大バレエ『白鳥の湖』、『くるみ割り人形』、『眠れる森の美女』が生まれた帝室劇場です。
今年5月に新館をオープンしましたが、かねてよりインターネット中継や6月には3Dで舞台を世界へ中継等、劇場へ直接訪れる人達とそれ以外の人達に対しての窓口を広げ、ロシアバレエを展開できるよう力を入れている印象です。芸術に対する積極性はさすがですね。現在まで歴史を刻み続けてきたのにも納得です。

他の記事でも言及されている通り、ボリショイ劇場で2012年まで活躍していた岩田守弘さんを始めとして、ロシアで活動をしている日本人ダンサーは決して少なくはありません。しかし由緒あるマリインスキー劇場が関わる今回のニュースは日本人ダンサーの夢と可能性をさらに広げてくれたと思います。今後の岩井さんの活躍に期待ですね。


*

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ロシア情報