6月30日は朝からサンクトペテルブルグ主催の国際マラソン「Белаые Ночи(白夜)」が行われました。今年で第24回目となる大会には、42ヶ国から7000人以上が参加したとの事です。エルミタージュ美術館前の宮殿広場をスタート地点に、42.195kmと10kmのコースが用意されました。
公式サイトより。
karta-marshrutovA3-2013-s
















他にもRomir.ruでは、2014年のソチ冬季五輪に向けてロシア人とスポーツに関する世論調査が発表されています。調査結果によると、ロシア国民の8割がスポーツに関心を持っており、中でも人気度の高いスポーツ順位は以下の通りでした。
1位:サッカー・・・38%
2位:ホッケー・・・30%
3位:バイアスロン・・・21%
4位:体操、水泳・・・各20%
6位:バレーボール・・・18%
7位:ボクシング、スキー、陸上・・・各16%
10位:テニス、フィギュアスケート、バスケ・・・各14%

私の周り、特に30代以下の若い世代では話題になるスポーツといえばもっぱらサッカーです。サンクトペテルブルグならЗенит(ゼニット)というチームが有名で、ネフスキー通りには店舗も構えています。 それより上の世代ではバイアスロンや体操への関心が高い傾向にあるそうです。
IMG_1997


















また、全体の1~3%と低い数字ではありながらも、柔道に興味を持っている市民も見受けられたとの事です。プーチン大統領も黒帯8段を有していますし、今年の3月中旬には山下泰裕氏が柔道の臨時師範として自らペテルブルグへ赴くといった交流もあります。日露間の貴重な架け橋のひとつですね。

最後にオリンピック種目内での関心度です。
1位:バイアスロン・・・51%
2位:ホッケー・・・48%
3位:フィギュアスケート・・・45%
4位:スキーレース・・・34%
5位:スキージャンプ・・・24%
6位:アルペンスキー・・・21%
7位:スケート・・・19%
8位:スノーボード・・・17%
9位:ボブスレー・・・15%
10位:リュージュ、カーリング・・・各13%
12位:フリースタイルスキー・・・11%

サンクトペテルブルグのネフスキー通り、カザン寺院の目の前には冬季パラリンピックへのカウントダウンパネルが臨時で設置されています。オリンピックまでのカウントダウンは、モスクワに置かれているようです。ペテルブルグからは電車や飛行機等、ソチまで直通で行ける交通手段も敷かれているので、同時に観光へ訪れる人が増え事も期待されます。

IMG_1992
































*


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ロシア情報